学校案内

About NIC

ボーディングスクールとは

About

  1. TOP
  2. 学校案内
  3. ボーディングスクールとは
  4. コラム
  5. 少人数制のクラスのメリットとは?

少人数制のクラスのメリットとは?

日本の学校では、1クラスの人数は30〜40人が一般的です。一方、海外の学校では、1クラス10〜20人程度であることが多いのですが、1クラスあたりの生徒数が少ないことで、実際どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、生徒一人ひとりの学習状況に教師が十分な注意を払うことができます。学び方は人それぞれであるため、それぞれの生徒がもつ可能性を引き出すような授業を行うことができます。
また、学習に難しさを感じている場合、どこでつまずいているかを特定し、生徒個人に応じてサポートすることが可能です。

学習支援以外にも、生徒との距離が近い教師は、生徒のニーズを理解しやすく、適切なサポートを提供することができます。
友人関係に関しても、少人数制のクラスの場合、多くのクラスメートと親しい友人関係を築くことができるだけでなく、学業成績にも良い影響を与えます。

そして、日本国内のカリキュラムよりも少人数で行う国際的なカリキュラムの方がよりインタラクティブで生徒主体の授業が行われています。質問や意見交換などの時間が十分に確保されており、生徒同士が協力し合い、お互いに学び合うことが非常に重要なのです。