教育課程

Academic Programs

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. サマースクール2022《中学生対象》

サマースクール

Summer School 2022

サマースクールで体験する9日間の特別な夏


Summer School 2012

中学校2年生と3年生を対象に、8泊9日の日程で(7月23日~7月31日)滞在型のサマースクール(英語)を開催します。系列ビジネススクール(国際認証MBA)で実践しているハーバード流ケースメソッドによる授業をサマースクールにも導入。問題解決にチャレンジするケースメソッド授業、グループワーク、課外活動、さまざまなゲームやレクリエーションを通じ、中学生の皆様の好奇心やリーダーシップを引き出すプログラムとなっております。本学への入学を検討している方や、ボーディングスクールでの学びを体験したい方のご参加をお待ちしております。


プログラムの主な特徴

1. リーダーシップを磨く

仲間と共に実践する様々なグループプロジェクトや課外活動を通じて、新たな個性やリーダーとしての資質を見出します。

2. 仲間と共に学ぶ

本学の特徴であるハーバード流のケースメソッドを用いた授業を実際に体験し、問題解決能力や想像力を鍛えましょう。また、異なるバックグラウンドを持つ同世代の仲間と共に学ぶことで、多様な価値観を養います。

3. アクティビティを通じたスキル向上

教員やメンターによるサポートのもと様々なアクティビティに参加し、自己管理能力やデザイン思考、そしてコミュニケーション能力の向上を目指します。


  • 異文化体験ツアー
  • ケースメソッド体験
  • クリティカル・シンキングゲーム
  • チームビルディング
  • ボーディング体験
  • 多国籍企業見学・訪問
  • 自己管理能力向上のためのワークショップ
  • 屋外アクティビティ
  • 弓道、テニス、サッカー、ゴルフ、その他スポーツ体験
  • 入試に関する個別相談(希望者)

環境


愛知県名古屋市に隣接する日進/長久手エリアに位置し、自然に囲まれた美しくゆとりあるキャンパスで、安心、快適に学ぶことができます。2022年度のサマースクールよりキャンパス内に新設された国際寮を拠点として実施します。

対象者

  • 中学校2〜3年生またはインターナショナルスクール等に在籍する13〜14歳
  • 日常会話レベルの英語能力保持者(応募時に提出いただく「英語での自己紹介ビデオ」によって英語力が審査されます)

定員

75名

応募期間

2022年1月31日から応募受付を開始します。締め切りは2022年5月31日を予定しています。定員に達した場合、応募締め切り前に応募受付を終了することがございます。

参加料

200,000円(宿泊費、受講料、食費、施設利用料、学外活動など、関連費用を含みます)

サマースクール参加者は出願時の入学検定料が免除されます。なお、参加料納入後に病気や事故等の不測の事態により参加を辞退される場合は、開始日の14日前までにお申し出ください。所定の期日までにご連絡を頂いた場合、参加料の一部を返金いたします。なお、期日を過ぎてのキャンセル連絡や、不参加の場合は参加料の返金はいたしかねます。

国際寮のご紹介



自己紹介ビデオの作成について


お申し込みの際に、英語での自己紹介ビデオを撮影して共有リンクを作成してください。内容は、自己紹介の他、サマースクール参加への意欲や本校の魅力などについて録画してください。できるだけスクリプトを読まずに、カメラに向かって話すことを心がけてください。自己紹介ビデオで英語力と参加意欲を審査いたします。ビデオの送付方法は、各種無料サービス(ファイル便、Google Drive、OneDrive、Dropbox、Box、Youtube等)に動画をアップロードしていただき、閲覧可能な共有リンクをお知らせください。ビデオの共有方法について不明な点があれば、本校までお問い合わせ下さい。


応募から参加までのステップ


  • 2022

    1/31

    Step 1 : オンライン応募開始

    下のお申し込みボタンより、オンライン応募
    2~3分程の英語を使用した自己紹介動画共有リンク含む

  • Step 2 : 結果通知メール

    応募者選考後、結果通知メールを送信

  • Step 3 : 参加料のお振込

    参加料振込依頼書をご確認の上、期限内に参加料のお振込

  • 2022

    7/1

    Step 4 : 追加必要書類の提出

    移動手段連絡フォーム、身分証明書および保険証のコピーデータを送信。


お申し込み

2021サマースクールの思い出



活動レポート

Activity report



参加者の声

Student voice