教育課程

Academic Programs

International Programme

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. International Programme

国際標準高校課程

国際標準高校課程は、16歳から19歳までの学生を対象とした2年間の教育課程(北米や欧州の課程におけるYear11とYear12)です。 一般的な科目の他に分析、研究、他人や自己の管理能力を向上させるための学習アプローチが組み込まれています。またケースメソッドによるアプローチにより、バランスの取れた国際的意識の高い、高度な技術を備えた人材に育てるべく教育を行います。



カリキュラム

Curriculum


© International Baccalaureate Organization 2018

総合的でバランスのとれたカリキュラムを提供し、独自の評価システムを実施することによって、生徒に学術性の高い課題へ挑戦することを促すとともに、地域での奉仕活動や様々な自主的活動により責任感や社会性を育む教育を行っています。プログラム全体を通じ、生徒に論理的思考や表現力、さらには探究心や学術的思考、異文化に対する理解と寛容性などを育むことを重視しています。


以下の6つのグループ(教科)から各科目を選択します


  • GROUP 1: 言語と文学

  • GROUP 2: 言語習得

  • GROUP 3: 個と社会


  • GROUP 4: 科学

  • GROUP 5: 数学

  • GROUP 6: 芸術

生徒はアドバイザーのサポートを得ながら、IBDPの6教科群より6科目を選択します(SL 標準3科目と、HL 上級3科目)。その際にグループ1-5の中から各1科目、残り1科目はグループ6もしくはグループ1-4の中から選択します。IBDPは2年制の教育課程で、高等学校3年次には2年次で履修した科目を継続して学修します。IB試験は高等学校3年次の終了間近に実施されます。注:グループ1の科目の言語とグループ3、4、5の指導言語が異なる科目選択の場合は、特別なバイリンガル・ディプロマが授与されます。該当科目で7点満点中3点以上のスコアが必要です。

必修のコア科目として以下科目を履修します

  • EE(Extended Essay)課題論文
  • TOK(Theory of Knowledge)知の理論
  • CAS(Creat / Activity / Service)創造性・活動・奉仕

学生の声

Student Voice



VIEW ALL