教育課程

Academic Programs

International Programme

  1. TOP
  2. 教育課程
  3. International Programme
  4. 学生の声
  5. Arshia

Arshia

  • 名前:アルシア
  • 国籍:インド

あなた自身についてと、どのような経歴をお持ちか教えてください。


学生の声

私はインドのArshiaです。2019年にIBディプロマを取得しました。受講した科目は哲学 HL、ビジネス HL、英語・英文学 HL、数学 SL、スペイン語AB SL、環境システムと社会 SLでした。

留学先に日本を選んだ理由は何ですか?

私は日本の文化がとても好きで、ずっと日本に来たいと思っていました。ですから、大好きな日本で英語を使って勉強ができるチャンスがあると知って、これを逃すわけにはいかないと思いました。

文化への適応で苦労したことはありますか?

日本に来たばかりの頃は、何もかもが初めてだったので、最初は落ち着くことができませんでした。インドとは全然違いました。

日本に馴染むために最も役に立ったことは何ですか? 中学生が日本に馴染むためのアドバイスをお願いします。

とにかくたくさんのことを調べました。日本に行くことを思いつき、ピンときてからノートパソコンを開いていろいろと調べました。私はインターナショナルスクールに通っていたので、日本人の知り合いが何人かいて、その友人たちと話をして文化について少しでも知っておこうと準備しました。

母国が恋しくなることはありますか?

母国を恋しく思うことは多々ありますが、実際にどこか別の場所に引っ越してみると、残してきた文化に気付くものです。日本に来て初めて、インド料理を食べたいと思うようになりました。だから、名古屋でインド料理を探しました。また、家には週に1〜2回ほど電話をします。また、インドの映画をたくさん見て退屈しないようにしていますし、インドの伝統的な衣装を持ち歩いていたので、ドレスアップしたいと思ったときには着ています。

IBディプロマ・プログラムの特徴は何だと思いますか?

国際バカロレアの良さは、専門性を高められることです。インドの普通の学校では、心理学や体育などの科目にはあまり力を入れていません。一方、国際バカロレアでは、これらの科目でキャリアを積みたいと思う人にも対応できます。そのため、将来なりたい職業に就くための助けになると思います。

あなたがIB科目を選択したとき、何を考えていましたか?大学での専攻や、興味のある科目を選んでいましたか?

科目を選ぶときに思ったのは、まず好きでなければならないということ。将来的にやりたくないことを勉強するのは嫌ですからね。そこで、何か役に立つことをしようと思いました。将来ビジネスを学びたいと思っていたので、ビジネスを選びました。また、心理学を選んだのは、好きですし、ビジネスにも役立つからです。

IBの学生として、何か特別なスキルを身につけることができましたか?

時間管理もそうですが、プレッシャーへの対処も身につけることができました。2年生になると、締め切りに追われてストレスがたまるので、どうやって課題を終わらせ、同時に授業を受けるかをよく考えていました。IBでは、通常の試験に加えて、IA(Internal Assessment)、課題論文、2000語エッセイ、4000語エッセイなど、さまざまな提出物があります。 これらを全てこなすことで、大学への準備ができます。

IBの前は何をしていましたか?

私はIGCSEでドラマを専攻していたので、たくさんの試験とともに、たくさんの演技をしなければなりませんでした。しかし、IBは試験だけでなく、リサーチの機会も与えてくれる点で大きく異なります。それがとても役に立っていると思います。

IGCSEからIBに変更することで大変だったことはありますか?

私の学校では、IGCSEをやってからIBをやることができたので、私たちは必要なスキルをゆっくりと積み上げていくことができました。IGCSEはIBへの足掛かりのようなものでした。

IBDPで成功するために、生徒が持つべき主な資質は何でしょうか?

集中力とコミットメントです。IBは難しくて厳しいので、勉強をこなすためにそのような心構えがなければ、非常に困難なものになるでしょう。覚悟を持ってIBに臨んでください!